クラウドファンディングとは?基礎とメリット・デメリットを解説!ECやD2C企業が押さえておくべきポイントを成功事例から学ぶ

今はクラウドファンディングが詐欺とか危ないとか言う時代ではなく、クラウドファンディングこそがノーリスクで事業展開を飛躍させる大きな足掛かりになるとされています。その魅力を知らない方やクラウドファンディングを何となくしか知らない方向けに何ができるのかを成功事例を交えてご紹介いたします。

Crowd Funding
 目次

クラウドファンディングとは

crowd_funding

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、「群衆(クラウド)」と「資金調達(ファンディング)」を組み合わせた造語で、「インターネットを通して、企業や個人が開発に対する熱い想いを発信し、その想いに共感した人達から、少額ずつ資金を調達することを指しています。

アイディアと行動力があれば資金調達ができる

一般的に、資金調達と言えば、銀行や投資家、ベンチャーキャピタルなどへ何度も面会、プレゼンし、数千万~数億円単位で調達する方法ですが、クラウドファンディングはクラウドファンディングサイト(CAMPFIREREADYFORMakuakeなどの介し、一般の方から少額の資金を大量に集めることで、資金調達を可能にしました。

そこにはアイディアとアイディアを具現化する行動力のみで数百%~数千%目標額を上回る製品が多く存在します。

個人がリスクを最小限に抑えながら資金調達できる

個人がアイディア一つで資金調達できるのも一つの特徴です。最近では、世界大会に出るための資金を調達するためにクラウドファンディングで資金提供を募ったケースもあります。


引用:CAMPFIRE

こういった商品ではなく活動にもお金が集まるのがクラウドファンディングの大きな特徴です。

クラウドファンディングの種類

購入型クラウドファンディング

クラウドファンディングと言われている概要の中身は一般的には購入型のクラウドファンディングのことを指していると思っていいでしょう。

購入型の特徴は、商品やサービス、活動を購入(支援)する代わりに、起案者(プロジェクトの実行者)からリターンがあることです。少額ですとお礼メールや手紙などリターンですが、金額が大きくなると貴重な体験や商品を安く購入できるなど、魅力的な特典となっていくのが特徴です。

また誰でも申請ができ、アイディアがしっかり練られていたり、信用度の高い方であれば、個人でも成立を目指すことはできるのも大きな特徴の一つです。

後述しますが、購入型には「All or Nothing型」と「All in」の二つの実施方法があり、成立しなかった際に資金が返金されるかされないかを決めてプロジェクトを公開しなければなりません。

購入型クラウドファンディングを展開しているプラットフォームは「CAMPFIRE」「Makuake」「READYFOR」「A-port」などがあります。

寄付型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディングは、購入型と違い、基本的にはリターンが存在しない、リアルで行われている寄付をクラウドファンディングサイトを通じて行っていると考えるとわかりやすいかと思います。

原則として、非営利団体がプロジェクトの起案者となることが利用規約に記されており、貧困、被災地、教育、地方創生等への支援を行う目的でプロジェクトが作られる。

成立時の手数料が購入型と比べて少ないことも特徴の一つです。

この形式を提供している主なプラットフォームには、CAMPFIREが運営している『GoodMorning(一部プロジェクト)』『LIFULL Social Funding』や『READYFOR』などがあります。

融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディングとは、資金運用をしたい個人投資家から少額の資金を集め、大きなお金として借り手企業に融資する方法です。

俗に言う、「ソーシャルレンディング」と認識されていることがほとんど。集めた資金を融資として別の企業に貸すことでの手数料などがリターン(利息)として支援者に返されるのが特徴です。

金融商品にあたるため、法律規制の影響を受けることが注意点としてあげられることと、ソーシャルレンディング自体が、投資家界隈では良い商品として扱われています。極めてリスクの高い商品になるため、十分に調べてから支援することをおすすめします。

株式型クラウドファンディング

株式型クラウドファンディングとは、購入型と違い、企業がきあんしゃとなり、企業の資金調達の一つとして個人投資家へ未公開株を提供する代わりに資金を調達する方法です。

代表的なプラットフォームには、株式会社CAMPFIRE Startupsが運営する『CAMPFIRE Angels』『FUNDINNO』『Unicorn』などがあります。

ファンド型クラウドファンディング

ファンド型クラウドファンディングは、株式型と同様で企業が資金調達する方法の一つで、特定の事業に対して個人投資家から出資を募る仕組みです。

株式投資と同様に、売り上げ基づいて分配金が大きく左右されるため利回りが上下するのが大きな特徴です。また利回りだけでなく、優待券や割引券なども受け取れるため、社会貢献度が高いことも他とは違う点です。

日本ではほとんどプラットフォームがなく、「セキュリテ」が唯一と言ってもいいでしょう。こちらを使えば国内外へのビジネスへ投資をすることが可能です。

ふるさと納税型クラウドファンディング

ふるさと納税型クラウドファンディングとは、各自治体が抱えている課題に対して、プロジェクト立ち上げて共感した人達からふるさと納税によって寄付を募る方法です。ガバメントクラウドファンディングともいわれている。

支援に対してリターンが得られるのは同じですが、支援金(寄付金)に関してはふるさと納税の仕組みで行っているため、控除が受けられることが特徴です。

ふるさと納税の形は年々変化をしているため「CAMPFIREふるさと納税」「READYFOR」「ふるさとチョイス」「さとふる」などそれぞれの強みを生かした形で地方支えていきたいという気持ちがサイトにも現れています。

クラウドファンディングの実施方法

All or Nothing形式

「All or Nothing」とは、プロジェクトの募集期間内に目標金額を達成した場合にのみ、成立が認められる形式です。そのため、目標金額を達成しなかった場合は不成立となり、支援金の返金が義務付けられています。

アメリカのクラウドファンディング実行者の約96%がこの方法を取っていることもあり、クラウドファンディングとして認知されているものは、購入型クラウドファンディングかつAll or Nothingで行われていると思っていいでしょう。

All in形式

「All in」とは「All or Nothing」とは違い、支援者が一人でも集まれば成立する形式となります。必ずと言っていいほどお金が動くため、誰でもできるわけではありません。

基本的には個人での公開はできず、自治体や非営利団体、企業であれば、大手企業ではないと公開できない仕組みになっています。All or Nothingと違う点はもう一つあり、公開された時点でプロジェクトを必ず走らせないといけないため、プロジェクトの内容によっては利用ができない場合があります。

クラウドファンディングの成功事例

アパレル成功事例:ALL YOURS

all-yours

引用:CAMPFIREの支援ページ

ALL YOURSといえば、24か月連続でクラウドファンディングを成功させるなど、D2Cブランドではクラウドファンディングを最も活用しているとも言われております。支援金の総額は累計5000万円にも上っており、DtoCブランドがやるべき施策の一つであることは間違いありません。

ALL YOURSが使用していたクラウドファンディングは下記の通りです。
①CAMPFIRE
②Makuake
③自社サイト

ガジェット成功事例:HONBIKE

crowd_funding1

ふるさと納税型成功事例

crowd_funding2

個人の活動の成功事例

個人がアイディア一つで資金調達できるのも一つの特徴です。最近では、世界大会に出るための資金を調達するためにクラウドファンディングで資金提供を募ったケースもあります。


引用:CAMPFIREの支援ページ

こういった商品ではなく活動にもお金が集まるのがクラウドファンディングの大きな特徴です。

達成率2500%超の成功事例

crowd_funding3

寄付型の成功事例

crowd_funding4

クラウドファンディングのメリット・デメリット

クラウドファンディングのメリット

◆個人や小さい企業でも資金調達ができる
◆製品だけでなく、活動にも資金が集まる
◆必要なものが少ない→必須条件:アイディアと行動力のみ
◆多くの人にPRができる
◆テストマーケティングに活用
◆購入者がファンになりやすい
◆資金調達時のリスクが少ない

クラウドファンディングのデメリット

◆失敗する可能性の方が高いため、事前の下調べやページの構成等に多くの時間を消費する
◆購入型の場合、成立しなかった場合、資金調達ができない
◆支援者へのリターンの設計ミスをすると効果が出ないもしくは赤字になる
◆成立した後にプロジェクトの実行が義務付けられる

プロジェクト成立、不成立に関わらずリスクがある

クラウドファンディングは、個人や中小零細企業でも容易に資金調達ができる反面、乏しい知識で臨むと非常に痛い目に合います。プロジェクトを掲載するには、審査があり、審査後に掲載準備があり、公開中はPRに奔走する。

やりがちな失敗例として、リターンに資金をかけすぎて、支援されない方がマシな場合や、実行することが不可能な計画であった場合など目的がズレると問題になりかねません。

綿密かつ明確で透明性の高い計画で実行に移せるものかどうかは先に確認し、次に市場規模やニーズなどの調査を進めていくとよいでしょう。

クラウドファンディングのサイト別の特徴

クラウドファンディングサイトの特徴と比較

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

国内の購入型クラウドファンディング年間プロジェクト成立件数No.1と言われており、日本最大級のクラウドファンディングサイトの一つ。

種類    | 購入型(寄付型は別サイト)
手数料   | 12%
決済手数料 | 5%
手数料合計 | 17%

寄付型サイト:GoodMorning(グッドモーニング)
2019年4月にCAMPFIREより分社化した寄付型特化サイト「社会問題と向き合う人のクラウドファンディング」がコンセプト。

手数料   | 4%
決済手数料 | 5%
合計手数料 | 9%

BOOSTER(ブースター)

ショッピングモールの「PARCO」とCAMPFIRE(キャンプファイヤー)がタッグを組んでサポートするクラウドファンディングサイト。エンタメ系における課題に対応した手厚いサポートが特徴。

手数料   | 12%~15%
決済手数料 | 5%
合計手数料 | 17~20%
※サポート内容によって手数料が変動

machi-ya(マチヤ)

小物やデジタル家電等のガジェット製品に特化しているクラウドファンディングサイト。

種類    | 購入型
手数料   | 20%
決済手数料 | 5%
合計手数料 | 25%

Makuake(マクアケ)

株式会社サイバーエージェントグループの株式会社マクアケが運営するクラウドファンディングサイト。独自の市場分析ツールやメディア掲載実績が5,000件以上で伊勢丹新宿店の常設スペースにプロジェクト実施中の商品を展示することも可能である点が強み

種類    | 購入型
手数料   | 15%
決済手数料 | 5%
合計手数料 | 20%

Kanatta(カナッタ)

起案者を女性絞った形で募集する購入型クラウドファンディングサイト。「女性がさらに活躍できる世の中に。ジェンダー平等の実現に貢献。」がコンセプト。無料相談サポート付帯で安心感もあり。

種類    | 購入型
手数料   | 12%
決済手数料 | 5%
合計手数料 | 17%

GREEN FUNDING(グリーンファンディング)

出版・CD・DVD・ガジェットなどのプロダクトの購入が主流のクラウドファンディングサイト。TSUTAYAグループの店舗と提携しており、リアル店舗での展示や販売、メディアと連携したPRなど、資金調達以外のマーケティング支援も期待できる点はほかのサイトとは大きな違いとなっている。

合計手数料 | 13%~20%

Kibidango(きびだんご)

2013年に立ち上がったプロジェクト成功率80%を誇るきびだんごの特徴は「10%」という業界最安の手数料。世界最大級の購入型クラウドファンディングサイト「Kickstarter」からKickstarter Expertに認定されているのも特徴の一つ。

合計手数料 | 10%(楽天ペイ利用時は14%)

MotionGallery(モーションギャラリー)

アート、音楽、写真、ゲーム、映画、書籍などの創作活動を支援を軸とするクラウドファンディングサイト。MotionGalleryを通して、アメリカの有名クラウドファンディングサイト「Indiegogo」内で日米同時にクラウドファンディングが可能となり、世界戦略の一環としても活用できる。

手数料   | 5%
決済手数料 | 5%
合計手数料 | 10%

sandwich(サンドイッチ)

大分発のクラウドファンディングサイト。大分合同新聞社がプロジェクトのPRを、大分銀行が資金調達等をサポートする大分のためのサイトである点が特徴。

手数料は20%。

未来ショッピング

「企業にイノベーションを。地方に活力を。」がコンセプトのチケット購入型クラウドファンディングサイト。日本経済新聞社が運営。日経読者や会員などに予約購入形式で事前に資金の調達が可能。後述のENjiNE(エンジン)への同時掲載も可。

手数料   | 
決済手数料 | 
合計手数料 | 20%

+Style(プラススタイル)

IoT(Internet of Things)製品で人と人を繋げるクラウドファンディングサイト。企業は商品企画から販売まで消費者のニーズを捉えながらつくれ、消費者は未発売の商品を購入することができる。現状、個人での申し込みは不可能

手数料   | 10%
決済手数料 | 別途必要

WonderFLY(ワンダーフライ)

ANAが運営するクラウドファンディングサイト。通常のクラウドファンディングに加え、テーマに対してアイデアや技術を競うクリエイティブアワード(コンテスト)を開催しており、事前にアイデアや可能性を試すことができる。達成したプロジェクト商品は「WonderFLY ONLINE SHOP」もしくはANAショッピング「A-style」で販売することができる。

手数料は20%(決済手数料・税込み)
手数料   | 
決済手数料 | 
合計手数料 | 20%

COUNTDOWN(カウントダウン)

国内唯一のグローバルクラウドファンディングサイト。プロジェクト(チャレンジ)を英語などの多言語で展開する。手数料は20%(決済手数料含む)。PayPal決済により、世界中から資金調達が可能。プロジェクト(チャレンジ)成功の場合、商品はグローバルECサイトALEXCIOUSで世界中に販売可能。

手数料   | 
決済手数料 | 
合計手数料 | 20%

ENjiNE(エンジン)

チケット購入型のクラウドファンディングサイト。LINEの公式パートナーであり、公式アカウントのフォロワーにプロモーション可能となっている点が特徴。日本経済新聞社が運営する「未来ショッピング Powered by ENjiNE」にもプロジェクトの告知ができ、ユーザーの相性が合えばマーケティング面でも活躍する。

手数料   | 不明
決済手数料 | 不明
合計手数料 | 不明

First Flight(ファースト フライト)

ソニー株式会社が2015年7月に立ち上げたのクラウドファンディングサイト兼ECサイト。ガジェット等の新規プロジェクトを支援し、「Sony Startup Acceleration Program」により量産化、事業化のサポートを行うのが特徴。製品はAmazon・Rakuten・Yahoo!のサイトによる販売支援や、100店舗以上の提携販路の紹介を受けることができ、販売までまるっと支援してくれるのが特徴

手数料   | 不明
決済手数料 | 不明
合計手数料 | 不明

クラウドファンディングの歴史

クラウドファンディングはアメリカ発祥

クラウドファンディングは元々アメリカで始まりました。INDIEGOGOやKICKSTARTERが二大巨頭として、君臨しており、200カ国以上にユーザーが存在し、28万件前後のプロジェクトが過去に存在し、INDIEGOGOは約5万件、KICKSTARTERは約10万件のプロジェクトを成立させています。

その投資額はINDIEGOGOは10億ドル弱、KICKSTARTERは20億ドル強と資金調達方法として注目されることが頷ける結果を残しています。

日本のクラウドファンディングは2011年にRREADYFORから

日本においては2011年に有名なクラウドファンディングサイト「READYFOR」が先駆者として立ち上がりました。

冒頭でお伝えした通り、すでに複数のプラットフォームが存在し、資金調達といえば、銀行やベンチャーキャピタル、投資家などが大きなお金を動かす方法と少額を多く集めるクラウドファンディングかとなっているのは言うまでもありません。

しかしながら、まだまだ本質的な部分を理解している人が少ないのは確かで、「何で」資金調達をしているかより「誰が」資金調達をしているのかが重要視されていて、情報収集力の格差が生まれています。

クラウドファンディングの市場規模

クラウドファンディングの市場規模は伸びる予想

3クラウドファンディングを経験している数は30代、20代、40代の順に多く、これからの消費を支えていく世代が経験しているため、資金調達のスタンダードとしてこれからも市場規模は拡大するとみられている。

クラウドファンディングの実施/支援の流れ

プロジェクトの申請/プロジェクトを見つける

<起案者>
プロジェクトのアイディアを思いついたら、どんなプラットフォームで申請をするか決める必要があります。申請をしなければ公開はできません。アイディアを具現化することから始まり、目的、目標、芯となる考え方、伝え方、目標金額を達成後の細かな動き、公開中の動き、協力者など申請が通過できるように考えることが山積みです。

<支援者>
クラウドファンディングサイト(プラットフォーム)への会員登録から始まります。会員登録が済んだサイトで気になるものをカテゴリ、ワードで検索をしていきます。

プロジェクトの掲載準備/

<起案者>
審査が通過したら掲載の準備に入ります。掲載に必要な情報やデータ、画像、動画などコンテンツの魅せ方を考えていく作業です。

<支援者>

プロジェクトの公開/プロジェクト内容の確認

<起案者>
無事にプロジェクトの公開となった場合には、ただただ待つだけ。というわけではなく、協力者含めて、SNSやオフラインなど場所や伝え方を問わずプロモーションの活動をしていきましょう。

どんなにいいプロジェクトもまずは知ってもらうところから始めなければいけません。Twitter、Instagram、広告、セミナー、YouTube、LINE、友人、知人への連絡などあらゆる手を使って認知拡大と支援者の増加に向けた動きをする必要があります。

<支援者>
プロジェクトの詳細ページに入ると起案者の熱い想いがつらつらと書かれています。商品だった場合、斬新なデザイン、素晴らしいアイディアが詰まった機能が書いてあるため、じっくり読んで検討していきましょう。

募集終了・リターンの送付/リターンの受け取り

<起案者>
募集期間の終了は1か月~2か月ほどで設定し、終了をしたらリターンによってはプロジェクトの実行前に行ったり、プロジェクト実行後に行ってリターンを送付していきます。

<支援者>
リターンを受け取ります。上記の通り、プロジェクトによっては時間がかかるものも多いので、どれくらいでリターンがあるのかは事前に確認しておく必要があります。

プロジェクトの実行

<起案者>
プロジェクトが成立した後はそのプロジェクトを実行に移すのみとなります。リターンによっては、実行中のプロジェクトの過程を見られるため、報告できるように考えて進めなければいけません。

<支援者>
リターンによってはプロジェクト実行中の一部始終を閲覧、報告してもらえるため、実行中も楽しめるものかどうか、ストックできるリターンなのか、その場を存分に楽しむ体験型のリターンなのかはじっくりと支援前に確認しておきましょう。

クラウドファンディングの魅力

プロジェクトの実行

不確実性の高い事業でも資金調達の可能性あることに加えて、完全成功報酬型になっている点は一番の魅力です。さらに、現金以外のリターンを設定でき、資金がしっかり残るようにリターンを組むことが可能です。

加えて、新商品や企業や個人の活動や考え方を公開する場として、費用をかけずして宣伝効果を得られるのも魅力の一つです。そこで得られるのは資金だけではなく、ファンも獲得できるケースが多いこともわかっています。

D2Cの特徴でもある、開発者、活動者、企業の思いの丈をページで惜しみなくPRするため、心に刺さる度合い通常のECサイトとは別物になります。

この記事を書いた人
アライ  ユウキ
荒井 裕希
 
美容専門学校を卒業し、アパレル雑貨や携帯販売、独立して自ら開業するなどして10年。その後自動撮影システムの業界に入り、4年半(2021年7月現在)を迎える。3000を超える方と商談を行い、担当事例は100社を超える。8割がアパレルやファッション雑貨で、大手~スタートアップまで規模を問わず担当。お客様の一時期の成功ではなく、成功し続ける環境を伴走して構築することをモットーにご案内中。本質を見失わないようにロジカルに情熱を持って皆様と向き合います。

商品撮影をより効率的に

システムの不明点や、ご来社またはオンラインでのデモのご予約、資料請求など、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ