あなたはどちらのタイプですか?

撮影を内製化している

撮影を外注している

問題を顕在化してみましょう

内製

商品撮影 、画像編集・加工を社内で管理している

内製と外注

業務や商品によって外部へ依頼している

外注

すべてを外部へ依頼している

内製化の問題

非効率な業務で人材不足

  • クオリティが均一化できていない
  • マーケティングに注力できていない
  • モデル撮影ができていない
  • コンテンツが不足している
  • 画像の流用がシームレスにできない
  • 教育に時間がかかる
ortery-photocapture-360-with-boot-1.jpg
pc360-backpack-sam.jpg

内製と外注の問題

多岐にわたる業務で無駄が多い

  • クオリティが均一化できていない
  • マーケティングに注力できていない
  • モデル撮影ができていない
  • コンテンツが不足している
  • 画像の流用ルールが曖昧
  • 業務の属人化が激しく専任が必要
  • 撮影の振り分けルールが曖昧

外注の問題

撮影ノウハウがない

  • 画像納品に時間がかかる
  • 画像の流用がシームレスにできない
  • 撮影したくてもノウハウがない
  • コスト削減が難しい
  • クオリティに満足がいかない
  • コンテンツが一辺倒
LiveStudio-example-with-model-500.jpg

商品撮影システムの位置づけ

ハイスピード

低コスト

高クオリティ

世界中の小売企業やカメラマンが唸った、最大まで効率を引き上げる方法

5秒で背景処理

リサイズ & 形式変換

オートリネーム

豊富な編集機能

100段階の調光

プロファイル

初心者に優しいから誰でも再現可能

最大効率化のよりヒト・モノ・カネの理想実現へ

それぞれが抱える問題。 そのままで理想実現は可能 ですか?

理想像の一例

  • コスト削減と利益拡大
  • 業務のマニュアル化
  • 画像品質の向上、均一化

ヒト

適材適所に人員を配置し、生産性アップ

モノ

設備を効率よく使い、よりよい製品を生み出すことに専念

カネ

ヒトとモノが適切に形成されると、組織に変化が生まれ利益に反映

お客様の成功と笑顔にコミット