撮影業務の平準化とチーム化が離職の特効薬

撮影平準化TOP
    ー 目次 ー

  • 結論
  • 離職理由
  • アメリカを追う。専門特化の流れ
  • 撮影や編集の専門特化が与えるメリット
  • 撮影や編集の専門特化によるデメリット
  • 撮影・編集は専門特化が正解?
  • 業務の平準化が鍵
  • 離職理由とチームについて
  • まとめ
アセット 10

結論

業務の専門特化ではなく
幅広い業務をチームでカバーする

離職理由

アセット 3

左データの出所:リクナビネクスト
https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/4982/
右データの出所:マイナビ
https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/caripedia/03?_fsi=iNJIMfTk

それぞれの回答で同じ部類の回答を色ごとに分けております。
労働時間や上司や同僚などの職場環境についてが多く、仕事にやりがいがないことや給与についても多く見受けられます。

要約すると仕事は楽しく、評価してもらい、給与は高く。というわがままな理由になっています。
では、なぜこのようなことが起こっているのか、その背景を考えていく必要があります。

撮影現場に置き換えると、仕事は単調、期限に追われる。非常に刺激の少ない現場が多いと思います。

撮影業務と通常業務を兼業している場合、現場は相当疲弊しており、その業務内容と労働時間やストレスを鑑みて頑張りを評価してほしいと考えるのが一般的かと思います。

しかしながら、撮影、編集業務のような末端の業務と業績を直で結び付けるにはそれなりのデータ分析とテストが必要になり、「画像の質を上げたら業績に反映されるのか?」と言われると黙ってしまう担当者が多いことは確かです。

そうなると評価軸はこなした量になり、必然と労働時間が増えることになり、残業苦で辞めてしまいます。

商品画像の質を担保しつつ、商品撮影のスピードや編集業務のスピードを上げることができれば、コストや従業員の負担が減り、離職率は下げられると考えています。

アセット 4

アメリカを追う専門特化

今、ITビジネスでは専門特化をしていく流れが非常に強いです。

それはコンテンツ制作に置いては特に人に依存し、人の入れ替わりは離職や異動希望がない場合、そのままにしておくケースがほとんどです。

しかし、小売やメーカーで専門特化をしている企業は非常にまれですが、商品撮影、画像編集、画像加工、デザイン、ECサイトなどは一朝一夕にできるようにならないため、専門知識を持った人を雇っているケースが多いです。

技術職の集団は成果を出しやすいチームを作ることができるようになる反面デメリットも多く抱えています。専門特化する際のメリットとデメリットをお伝えします。

専門特化が与えるメリット

アセット 5

チームビルディングにおいて個々の能力を加味した上で、得意な部分に注力できることは、チームの総合力が指数関数的に伸びる所に最大のメリットがあります。

・カメラマンは撮影
・編集者は画像編集や加工
・デザイナーは商品企画、デザイン
・マーケターは商品の売り方を考え、分析を

それぞれが一番得意な所を行うため、業務への干渉も少なくなることは離職理由にもあった人間関係を良好に保てるためプラスに働くでしょう。

逆をいうと干渉したくても干渉できないこともあるため、考え方の共有は上が吸い上げるのか、当事者同士で話し合うのかしなければなりません。

専門特化によるデメリット

専門特化はリスクも大きいことは2020年の情勢で如実に現れました。

人材の流出による業務の穴の発生です。

専門知識を持った人を据えて、ある程度の裁量を持たせて行っていて、その状況を上司や会社が細かく管理できていない場合、その穴埋め作業は容易にできません。

最悪の場合、その業務に置いては外注せざるを得なくなり、無駄にコストを払い、スピードも落ちるという売上へ直に跳ね返ってくる状況まで落ち込む可能性があります。

専門特化には人が辞めない前提があることをリスクとして捉えておく必要があります。

アセット 5
アセット 7

撮影・編集は専門特化が正解なのか?

答えは扱う商材やターゲット層にもよりますが、ノーに近いです。

答えをノーにするために今から動くことをお勧めします。

弊社はニッチな商材を扱っていることもあり、だいぶ細かな情報も持っています。採用、教育、人事、マーケティング、ECのトレンドや商品画像の打ち出しのトレンド、外部の方にお話しできない内密な情報まで。

その中の一つに、カメラマンや撮影知識を持った方はそう簡単には採用できず苦しんでいる企業様が多くいることが挙げられます。

カメラマンの採用が難しいということは専門特化させるのは非常にリスクが高いと言えます。採用したものの3か月で辞められては事業計画や施策のスケジュールに大きな支障をきたします。

コンテンツが制作できない、遅れることで生まれる1週間、1か月の溝という機会損失は多大な売り上げを手放すことになるでしょう。

カメラマンを採用しない場合、どうするか?
それは教育という仕組みがモノをいう時代になります。

撮影内製化が進んでいるのに、教育ができないというのは会社にそのノウハウがしっかり残せていないことを意味します。撮影内製化に成功している企業様は成長曲線に乗せることと同時にノウハウを会社にため込み、業務の平準化をする流れを取るのが得策と言えます。

個々の仕事を業務レベルまで把握し、平準化=誰でも化していきましょう。

アセット 9

業務の平準化が鍵

上記で述べた、業務の平準化=業務の誰でも化がもたらす効果は絶大です。

各業務のノウハウが全てとは行かなくてもある程度、平準化されていることで、離職者が出てもチーム内で冷静に対処ができるため、業務は滞りなく進められるでしょう。

例)Aさんが突然退社した
Aさんがやっていた撮影業務をBさんとCさんで分担する。
Bさんの編集業務をDさんにも手伝ってもらう。

このようにチームで一時的に分担ができれば、離職危機はただの忙しい時期に変わります。

さらに採用面でも業務の共有がうまくでるということは教育方法が画一化されている証拠なので、新人教育でも大きな意味を持ちます。

1か月かかっていた教育が半月で終われば、業務の推進力は一気に加速します。業務の平準化とチームで業務を共有できる状態にしておくことは社内環境の構築において、離職率減少させることにおいて重要と言えます。

アセット 10

離職理由とチーム

離職理由に挙げられていた、労働時間や環境が悪いというのは、人手不足による業務過多が影響しているものと考えられます。

・実働8時間で終わる業務量ではないこと
・その責任を現場の個人単位が取っていること
・結果主義になってきていること
・労働に対する正当な対価が与えられていないこと
などが離職理由から伺えます。

さらに、やりがいについても結果やプロセスをチームで共有できない場合、やりがいを感じにくくなるため、チームで取り組むことが大事になります。

チームで取り組むことで承認欲求を満たされ、モチベーションに大きな影響を与えます。感謝の文化が薄れたり、気持ちがプラスになるコミュニケーションが減ることを回避していくことが現代では重要な進め方になるのではないでしょうか。

個人対上司、個人対業務というのは仕事を振ることや手分けすることができないことへのストレスに繋がり、離職へと発展してしまいます。

業務を振れる環境を徐々に構築していくことが長期的な事業拡大に繋がります。

summary stamp. summary square grunge sign. label

まとめ

  • 業務の平準化のために教育方法を見直す
     →マニュアル整備、業務マップの作成など
  • 業務の平準化=誰でも化を行う
  • 業務をチームで行うようにする
  • それぞれの業務量によって業務をチームで分担する
     →チームで目標を追い、評価を受ける
  • 自動撮影システムで撮影と切り抜きを誰でも化

業務を誰でも化し、チームで共有することで、従業員の働きやすい環境づくりとリスクヘッジが同時にできます。それは結果として離職の特効薬になるでしょう。

アパレル速報

アパレル業界の速報 忙しい人向け!ファッション・アパレル業界で今何が起きているのか、3分で簡単に情報を整理してお届けするアパレル速報です。ファッション・アパレル企業の業績、アパレル業界のトレンド、ファッションのトレンドな […]

続きを読む

物撮り・商品撮影の失敗を防ぐコツ。3つのポイントでプロクオリティを再現

物撮りを成功させるために ECサイト、ネットショップの戦国時代が本格的に幕開けました。商品ページ、売上アップ、ブランディングに欠かせないもの「物撮り」。カメラ大国と言われる日本にはカメラマンが多くいますが、情報社会になる […]

続きを読む

商品画像の背景を白で統一するべき理由

 目次 白背景とは?     RGBの基準     商品画像のみが映っている     枠線 […]

続きを読む

商品画像がECサイトで重要視される押さえておきたい3つのコト

 目次 商品画像がECサイトに重要であるコトを理解する     商品画像が重要でだと理解することが一歩目     根拠となる参考デ […]

続きを読む

「ささげ」業務とは?EC担当者が知っておきたい基本知識

 目次 ささげとは?     撮影     採寸     原稿 ささげ業務の負担 &nbs […]

続きを読む

画像の背景を5秒で切り抜きする魔法のツール

写真・画像の背景の切り抜き オンラインで商品を露出していく上でECサイトやWEBサイトに商品画像が掲載することが必須になりました。その上で、バリエーションを多く展開していくには、写真・画像の背景の切り抜きをすること(背景 […]

続きを読む

時価総額2兆ドルの有名企業に紹介された記事をご紹介

アメリカのOrtery Technogiesで紹介されたブログ記事をご紹介したいと思います。 実際の記事はこちら↓ Ortery 360 Photography Turntableが、Appleの新しい3DモデリングAP […]

続きを読む

話題の360度ビューの効果的な活用方法。ヒントと実例を大公開!

今回は、AIの画像認識、商品ページの差別化、カタログ、営業資料、会議資料として使われいる360度ビューについてお伝えいたします。 コンテンツとして、幅広く使われるようになってきた360度ビューは一体どこに使ったら効果的な […]

続きを読む

自動撮影システムの効果!「すにーかー倉庫」様の導入事例!撮影効率3倍がもたらした 副次的効果。

自動撮影システムの導入事例をお伝えします。 創業1956年と半世紀に渡り、地域に愛されてきた老舗スニーカーショップを展開されている恵比須屋様。2000年以降は、楽天、Yahoo!、Amazon、auペイマーケット等に出店 […]

続きを読む

自動撮影システムの実力!「靴下屋」様の導入事例!撮影効率を2倍を実現した先に…

左からタビオ株式会社 森田様 久保様 オートリージャパン株式会社 東山 自動撮影システムの導入事例をお伝えします。 ご紹介するのは東証2部に上場しており、「靴下屋」をメインに全国に店舗展開をされていらっしゃるタビオ株式会 […]

続きを読む

商品撮影をより効率的に

システムの不明点や、ご来社またはオンラインでのデモのご予約、資料請求など、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ