2022年2月22日

2022年9月27日

【簡単】オブジェクトVRの作り方!内製化のメリットと活用事例

オブジェクトVR(360度回転画像)とは

実際に画像を動かしてみよう!

スワイプ(ドラッグ)やピンチインピンチアウト(マウスホイールを動かす)をしてみてください!

オブジェクトVRとは、360度の回転アニメーション画像とも呼ばれており、1枚1枚の画像を組み合わせて、パラパラ漫画の要領で、アニメーション化しているコンテンツのことを指します。

オフラインからの導線づくりとユーザーの動きの見える化

OMO(Online Merges with Offline)施策をしっかり実施されている企業様は非常に少なく、具体的に店舗やポップアップストアからECサイトに流せた数やオフライン経由の売上などを正確に把握している企業様も同様に少ないです。

実はコンテンツで購買意欲向上も計れて、データも見れる、ECに繋げられます。下記の流れでECまでをシームレスに繋ぐことが可能になります。

 

オブジェクトVR(360度回転画像)の仕組み

オブジェクトVR/360度回転画像を構成しているのは、主に3つです。

①画像(8枚~24枚が一般的)

②Javascript

③html

詳しい内容は、本題とは関係ないので、割愛します。ご興味ございましたら、オンライン等で丁寧にご案内いたします^^

オブジェクトVR(360度回転画像)の作り方は単純だけど、アナログでは難しい

※自動撮影システムで15度ずつ回転させて自動撮影した画像

オブジェクトVRは先述した通り、構成自体は難しくないのですが、その素材づくりが面倒です。特に撮影の部分に関しては、商品を360度で何枚撮るかを決めて均等に30度ずつや15度ずつ均等に回して撮影することが必要になるため、簡単にはできません。

もちろん数度のずれは大きな問題にはなりませんが、回しているときの違和感は生じやすくなります。

このいくつかの問題点はテクノロジー(自動撮影システム)で簡単に解決できることも覚えていただけると嬉しいです。

オブジェクトVR13

アナログで撮影を行うメリット・デメリット

アナログ撮影/作業のメリット

メリット1.費用が掛からない

メリット2.すぐに取り掛かれる

メリット3.頑張れば最後まで作れる

 

メリットは、主に個人の方、カメラマン、とりあえずやってみたい方にとっては試す意味合いでもメリットは大きいです。しかし、メリットの数を簡単に越える数のデメリットがある事はお忘れなきよう…

アナログ撮影/作業のデメリット

デメリット1.膨大な時間が必要

デメリット2.撮影枚数分の画像編集が必要

デメリット3.均一なライティングもしくは白抜きで背景を仕上げないと違和感が生まれる

デメリット4. 人件費が余計にかさむ

デメリット5. 業務が圧迫される

 

時間がかかる上に、画像編集までを細かく見ていくと「時間」という非常に大事な資産を奪われることになることは、始める前に考えるべきです。

オブジェクトVRの期待値・効果

オフラインとオンラインをコンテンツで繋げる

先述したOMO(Online Merges with Offline)施策として、360度ビューコンテンツを活用することで、リーフレットや店頭POP、雑誌からECサイトやコーポレートサイトに繋げていくことが売上のトップラインを上げる大きな要因になることは間違いありません。

オフラインとオンラインを別の施策、視点で見ていくのではなく、繋げてみていくことで可能性は大きく広がると思います。

ユーザー体験の質向上

実店舗で買う理由とオンラインで買わない理由をミックスすると実際に手に取った感じを与えられて、不協和認知の解消をしてあげれば、購買意欲は飛躍的に高まることがわかります。

下記のデータから、オブジェクトVRと口コミが商品ページにあることで、ユーザー体験の質の向上はできることがわかります。

引用:「1都3県の女性の地方名品購入実態」に関する調査結果

 

 

引用:実店舗とECサイトで購入する理由、使い分け方法、商品購入までの消費行動を1000人に聞いた【買い物調査】

 

ライバルとの差別化①コンテンツの優位性

今のECサイトは、簡単に売れているサイトを真似できるため、どこも似たような構成になっており、今の正解に近づけられます。

しかし、画像や構成が似ていたとしても、コンテンツを作る力は雲泥の差があります。一見同じコンテンツでも、1SKUにかけている時間がまるで違い、簡単に作っているか苦労して作っているかが、サイトの更新や商品掲載数、サイトの運営に大きく関わってくることは間違いありません。

コンテンツを作る力がある=コンテンツの優位性=企業の優位性=サイトの優位性

コンテンツ製作は売上に直結する要素の一つとして考えていいと思います。

ライバルとの差別化②話題性

ECや小売、メーカーの業界は非常に狭い世界です。特に情報社会になってからは、すぐに真似ができるため、話題性の取り合いとも言えます。

しかし、先述した通りコンテンツを作る力は簡単には真似できません。では、簡単に作れない話題性のあるコンテンツが量産出来たらどうでしょうか。

それをユーザーに認知させられれば、競業優位性を持つことができ、ライバルに追い付け、追い越せ、突き放せが可能になります。

オブジェクトVRのメリット[期待値・効果]

実際にオブジェクトVRを使用することによって、どのような効果が得られて、売上に繋がるかを紐解いていきます。

商品ページの滞在率上昇

一つ目は、滞在率が上がることです。きれいな構成のECサイトはさらさらっと見がちです。特にコンテンツは購入意思がはっきりある人じゃないとまじまじと見てくれません。

しかし、そこに他にはない、興味をそそる動画や見慣れないオブジェクトVRがあるとどうでしょう。間違いなくちょっとした違和感をとっさに感じて手が止まると思います。

人は一度体験したことは、またあると予測してしまう生き物なので、もっとも興味のある商材でもそのコンテンツがないかを確かめに行くでしょう。

そこにお目当てのコンテンツがあったとしたらどうなるか。これをコントロールできるのがコンテンツの力です。

購買意欲の向上

滞在率と相関関係があるのが購買意欲です。単純に考えれば、長く滞在させられればチャンスは増えると考えていいと思います。

引用:「駅ビル回遊行動調査」

1コンテンツあたりの情報量の増加

現代は、情報の洪水状態で、ほとんどの情報は垂れ流し状態。現代人は情報に触れすぎて疲れているので、端的に済ませられるものは端的に済ませたいと考えています。

インターネット黎明期からあるまとめ記事やサイトが今でも形を変えて残っている理由は、ただ一つ。サーチコストが高い情報があるからです。

 

サーチコストが高いジャンルの一つとして、ECサイトの商品情報です。日々触れるものを購入することを考えれば、サーチコストをかける意味はありますが、あなたも経験があると思います。

求めている情報はわからないけど、求める結果が得られないから買い物を諦めたもしくは後回しにしたこと。これは1コンテンツの情報量が多ければあまり起こりえないことと考えられますので、ワンクリックしたときの情報量や商品ページ、資料の情報は有益な情報であれば多い方が良いと考えられます。

オブジェクトVRのデメリット

WEBでの活用方法が限定的

まだプラットフォームが整っていないサイトも多く、自社サイトやSNSがメインの使いどころになります。

少しだけWEBコーディングの知識が必要

基本はiframeタグを使用して、オブジェクトVRを掲載をしていく流れになるため、多少コーディングの読み書きができる必要があります。

ファイルが重い

画像の詰め合わせパックとなっているため、コンテンツは通常の画像を扱うのとはわけが違います。普段使っているサイズや解像度にも寄りますが、10倍程のサイズ感にはなると思います。

ボリュームゾーンとしては3MB~10MB程になりますので、現代の通信スピードやスマホやパソコンの機能では重いと感じないでしょう。

オブジェクトVRの活用方法

店舗での活用

営業活動での活用

社内資料での活用

展示会での活用

パンフレットでの活用

カタログ/リーフレットでの活用

名刺での活用

プライスタグでの活用

ECサイトでの活用

コーポレートサイトでの活用

WEB展示会での活用

SNSでの活用

自動撮影システムという選択肢

ライティングは自由自在で設定保存もできる

自動撮影システムは、上記の照明の調整とカメラの設定をセットでソフト内にテンプレートとしていくつでも自由に溜め込めます。シューズを撮影するときは「A」というテンプレート、ウェアを撮るときは「B」、アクセサリーを撮るときは「C」のように、商材や色などによってテンプレートを保存しておけば、誰がやっても同じ環境で撮影ができるため、プロもアルバイトも同じクオリティで商品撮影ができるようになるんです

今まで教育が大変とされていた、カメラの技術が会社にノウハウとして溜められるとなると業務が円滑に進められると思いませんか
さらに、自動撮影システムでは、撮影と同時に背景処理も5秒で行うため、編集の時間も大幅に削れます。さらに、さらに!撮影した画像は、リネーム、リサイズ、形式変換、フォルダ振り分けを複数パターン一気に保存できるため、撮影、編集、加工のトータル工数と時間が1/3も夢じゃないです。

リサイズ、リネーム、出力先指定も自動で

この記事を書いた人
アライ  ユウキ
荒井 裕希
 
美容専門学校を卒業し、アパレル雑貨や携帯販売、独立して自ら開業するなどして10年。その後自動撮影システムの業界に入り、4年半(2021年7月現在)を迎える。3000を超える方と商談を行い、担当事例は100社を超える。8割がアパレルやファッション雑貨で、大手~スタートアップまで規模を問わず担当。お客様の一時期の成功ではなく、成功し続ける環境を伴走して構築することをモットーにご案内中。本質を見失わないようにロジカルに情熱を持って皆様と向き合います。

アパレル撮影のコツ|売上に影響する写真の撮り方や撮影の仕方を紹介

 目次 アパレル撮影に必要な機材や道具9つ     1.カメラまたはスマホ     2.三脚     […]

続きを読む

商品画像の編集・加工業務の重要性!押さえておきたい3つのポイント

商品画像の編集・加工は大切 商品画像の編集加工は何のために行っているのか 商品画像は、「魅力が伝わりやすくなる」ように編集をすることが重要です。 そのためにはキレイに撮影することや実物のイメージや色と乖離がないようにしな […]

続きを読む

楽天の商品画像の作成方法とプロ視点で見る注意点

画像白抜きの悩み解決のご相談 楽天に出品する際に絶対に欠かせない商品画像。その作成方法を多くのEC事業者の商品撮影を見てきた画像のプロの視点から、規約だけじゃない大切な重要なポイントを交えてお伝えします。画像は作るもので […]

続きを読む

自動撮影機とは?機能と評価、日本や世界での導入状況

自動撮影機とは? ”物撮りを「誰でも」「簡単に」「キレイに」”がコンセプト 自動撮影システムは、商品撮影を「誰でも」「簡単に」「キレイに」できるようにすること”が根幹にあります。 そのため、プロのカメラマンの頭の中にある […]

続きを読む

腕時計写真のおしゃれな撮り方とは?インスタ映えするスマホ撮影のコツも紹介

 目次 腕時計写真の撮り方【事前準備】     全体の構図を決める     腕時計に合わせて背景を選ぶ   & […]

続きを読む

写真の撮り方のコツや扱いやすいおすすめのカメラを紹介

 目次 初心者でも写真を綺麗に撮るコツ     オートモード(Pモード)で撮影する     ボケ味を出すために絞り(F値)を調整す […]

続きを読む

商品撮影のコツとは?EC撮影で使える写真の撮り方を解説

 目次 商品写真を上手く撮るコツ     1.ライティングをセットする     2.アングルを工夫する   & […]

続きを読む

物撮りの背景におすすめなのは?紙や布、100均グッズでもできる背景スタイルを解説

 目次 物撮りでは背景が大切     そもそも物撮りとは 物撮りでおすすめの14の背景スタイル     無地の背景  & […]

続きを読む

フルサイズとAPS-Cの違い!初心者向けに簡単解説!3分でわかるセンサーサイズの比較

お問い合わせはこちら 一眼カメラ選びでよく聞くことになるのが、センサーサイズについてです。「フルサイズ」「APS-Cサイズ」など専門的な用語が飛び出しますが、シンプルに大きさの違いを表しています。センサーの大きさは、画質 […]

続きを読む

ミラーレス一眼カメラのおすすめ厳選 24機種! 初心者でも失敗しない選び方

商品撮影の内製化でお悩みはありませんか?ご相談はこちら 近年、カメラを趣味として楽しまれている方が増えています。一家に一台カメラが必要だった時代から、スマートフォンで気軽に綺麗に撮影できるようになったことで、一眼カメラを […]

続きを読む

商品撮影をより効率的に

システムの不明点や、ご来社またはオンラインでのデモのご予約、資料請求など、お気軽にお問い合わせください。