2022年1月7日

2022年9月22日

写真の白飛びとは?原因と失敗しないための解決策

白飛び(明るくなりすぎ)が良くないと言われる理由と原因、撮影時の注意点をプロが解説

白飛びとは

写真の一部が明るくなりすぎること

白飛びとは、写真の一部にライトや明かり、反射など過度にあたり過ぎて、白くなってしまうことを指します。白飛びは一般的に良くないとされており、ISO感度の調整やライト位置や光源との距離、角度、光源の強さの調整をして、光の回り方工夫して防いでいく必要があります。

白飛びは必ずしも悪いとは言えない

写真の持ち味として表現する

20170427-142831_26622778-1-1_1167-516989_ALLDATAx2

こちらは写真の右側が白飛びしていますが、その白い部分が崇高なイメージを与えています。

白飛びしないための注意点/対処法

露出補正をマイナスにする

カメラにある露出補正機能を使用して、予め暗めに撮影できるようにしておくことをおすすめします。

▶ Canonの露出補正のやり方

▶ SONYの露出補正のやり方

▶ Nikonの露出補正のやり方

ヒストグラムで確認する

ヒストグラム(histogram)とは、写真がどれくらい明るいかを指標に基づいてグラフ化してくれているものです。暗い写真は、グラフが左に偏り、明るい場合は右に偏ります。どれがいいとということではなく、意図した明るさで写真が撮れているかを図るものとして用いるのをおすすめします。

▶ Canonのヒストグラムの出し方

▶ Niconのヒストグラムの出し方

▶ SONYのヒストグラムの出し方

露出ブレンド/HDR

複数の異なる条件、露出を組み合わせて補正した露出ブレンドする方法もあります。しかし、PhotoshopやLightroomなどを使用して補正を行う前提となりますので、事前にスキルを獲得しておく必要があります。

NDフィルターを使用する

NDフィルターをカメラ/レンズに装着して、撮影するメリットは、意図したカメラ設定(ISO、シャッタースピード、絞り)で撮影ができるため、幻想的な写真を撮影するのに多く使われています。

白飛び写真と通常の写真の違い

アセット 5

左:白飛びした写真

右:光を抑えた写真

EC用の撮影をまるっと簡単にしたいなら自動撮影システムがおすすめ

誰でも、再現性の高い、高品質な画像を撮影できる

ECサイト用の撮影は高品質な画像が撮れるだけではいけません。それが再現性高く、誰でも撮影できることが組織やチームにとって重要なことになります。

それが実現できる唯一無二の選択肢が、物撮り用撮影システムです。撮影時の環境が保存できるだけでなく、撮影と同時に高精度な背景処理も行う画期的システムです。世界では17000社、国内では500社以上に導入いただいています。

ご興味がございましたら下記よりお問い合わせください。

ライティングは自由自在で設定保存もできる

自動撮影システムは、上記の照明の調整とカメラの設定をセットでソフト内にテンプレートとしていくつでも自由に溜め込めます。シューズを撮影するときは「A」というテンプレート、ウェアを撮るときは「B」、アクセサリーを撮るときは「C」のように、商材や色などによってテンプレートを保存しておけば、誰がやっても同じ環境で撮影ができるため、プロもアルバイトも同じクオリティで商品撮影ができるようになるんです

今まで教育が大変とされていた、カメラの技術が会社にノウハウとして溜められるとなると業務が円滑に進められると思いませんか
さらに、自動撮影システムでは、撮影と同時に背景処理も5秒で行うため、編集の時間も大幅に削れます。さらに、さらに!撮影した画像は、リネーム、リサイズ、形式変換、フォルダ振り分けを複数パターン一気に保存できるため、撮影、編集、加工のトータル工数と時間が1/3も夢じゃないです。

リサイズ、リネーム、出力先指定も自動で

この記事を書いた人
アライ  ユウキ
荒井 裕希
 
美容専門学校を卒業し、アパレル雑貨や携帯販売、独立して自ら開業するなどして10年。その後自動撮影システムの業界に入り、4年半(2021年7月現在)を迎える。3000を超える方と商談を行い、担当事例は100社を超える。8割がアパレルやファッション雑貨で、大手~スタートアップまで規模を問わず担当。お客様の一時期の成功ではなく、成功し続ける環境を伴走して構築することをモットーにご案内中。本質を見失わないようにロジカルに情熱を持って皆様と向き合います。

商品撮影をより効率的に

システムの不明点や、ご来社またはオンラインでのデモのご予約、資料請求など、お気軽にお問い合わせください。